幽霊の種類

  • 参考になった

    3

    ならない

    0

  • 一言で「幽霊」といってもいろいろな種類の幽霊がいます。

    良い霊から悪い霊まで。

    どんな幽霊が存在するか紹介します。

    詳細はこのあとの本文で!

    幽霊の種類

    幽霊の種類


    幽霊といえば怖いイメージを持ちますが、悪意を持って攻撃をしかけてくる幽霊だけではありません。

    中にはほとんど害のない霊もいれば、災厄から守ってくれる霊もいます。

    各幽霊の特徴と一緒に紹介していきます。

    浮遊霊

    浮遊霊とは、自分が死んだことに気づいていない霊です。

    成仏することもできず、自分の存在に気づいてくれる人を探してさまよっています。

    気配や声で人を驚かせてしまうことはありますが、悪意があるわけではなく「誰かに気づいてほしい」という気持ちで接触しているだけです。

    無害な霊ではありますが、怖いのが苦手な人にとっては少し迷惑かもしれませんね。

    地縛霊

    地縛霊とは、その土地や場所に未練を残したまま命を落としてしまった方の霊です。

    その場所に強い怨念を残しているため、心霊スポットや事故現場といった場所に存在していることが多くなります。

    移動範囲が狭いので人に取り憑くことは少ないですが、その場所を荒らす人間には敵意を示してきます。

    怒らせるようなことをしなければ危険はありません。

    動物霊

    動物霊とは、成仏していない動物の霊です。

    動物霊はどの霊よりも格下の存在で自力で天国に昇ることができません。そのため人間の魂に憑依をして一緒に天国に連れていってもらおうとします。

    人間に悪さをするために近づくことはありませんが、憑依されれば少なからず影響を受けます。

    守護霊

    守護霊とは、生きている人間を守ってくれる霊です。

    どんな人にも必ず1体から数体の守護霊がついています。先祖など身内の人間が守護霊として遣わされることが多いです。

    大きな事故に巻き込まれたのに怪我ひとつしなかった、不運を回避することができた、そんなときは守護霊が守ってくれたのかもしれません。

    生霊

    生霊とは、生きている人間の念が具現化したものです。

    強い恨みや憎しみが生霊へと姿を変えて相手の元へ飛んでいきます。相手に対して明確な敵意を持っているため対象の相手を襲うこともあります。

    生霊の霊力はそれほど強くないので大きな被害が出ることはありません。

    しかし、生霊の強さは飛ばしている人間の念の強さと霊力に比例するため、人によっては強力な生霊を生み出すこともあります。

    悪霊

    悪霊とは、人に対して危害を与える霊をそう呼びます。

    具体的な定義はありませんが、人に悪さをする霊を総称して悪霊と呼ぶので、浮遊霊や動物霊でも悪霊と呼ばれることがあります。

    無残に命を落とし人間に対して強い怨みを持っている霊は、近づく人をだれかれ構わず襲いだします。

    非常にたちが悪い霊なのでできることなら関わりたくない相手です。

    悪霊は怨霊と呼ばれることもある

    怨みを抱いている霊を怨霊と呼ぶこともあります。悪霊とかわらない存在ですが、歴史的人物の霊を怨霊と呼ぶことが多い気がします。

    平将門・菅原道真・崇徳天皇の日本三大怨霊は有名ですね。

    長きにわたって成仏させることができなかったわけですから非常に強力な霊です。一部では神様として祀っているほどで除霊をすることはほぼ不可能。

    そういった意味では悪霊よりも怖い存在といえますね。

    悪魔

    生き物が死んで変化したものを霊と呼ぶため、正確には悪魔は霊ではありません。人とは違う全く別の種族です。

    動物霊のフリをして人間界に降りてくることもあり、知性が高く悪賢い性格を持っています。イタズラに人を脅かすこともあります。

    呪いは悪魔の力を借りて儀式を行うため、契約を交わした人間は悪魔から生気を吸い取られてしまいます。

    妖怪

    こちらも生き物から転生したわけではなく、最初から妖怪として生まれてきた存在なので霊とは違います。

    代表的なのが河童や天狗など。

    人に悪さをするものもいれば、座敷童のように人を幸せにする良い妖怪もいます。

    最後に

    いろいろな種類の幽霊がいますが、この世界とは違う世界の住人なので関わっても良いことはありません。

    霊自身に悪気はなくても、生きている人間にとっては近くにいるだけで悪い影響を与えられます。

    もし幽霊に取り憑かれてしまったらどんな症状が起きるのか・・・、こちらの記事で紹介していますので参考にしてみてください。

    霊に取り憑かれたときの症状

    どんな霊に取り憑かれたかで霊障も変わってきます。自分に憑いている霊がなんなのか、その正体を確かめてみましょう。


  • 参考になった?

  • なった(3)

    ならない(0)

  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      このマニュアルに関する感想や補足情報、試した結果など自由にコメントしていってください。
    • 本文:
    • 名前(省略可):
  • おすすめ記事

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント