スマホ用望遠レンズは迷うなら倍率で決めてOK!【iPhone・Android】

  • スマホ用望遠レンズは迷うなら倍率で決めてOK!【iPhone・Android】

    あの廃屋の窓に人影が見えるぞ!

    近づいてみようか・・・。

    でも怖いなぁ・・・。

    そんなときに望遠レンズがあれば超便利!
    近づかなくても気になるあの場所を拡大して撮影が可能!
    動画を撮影するも良し!

    ここではスマホに取り付けられる人気でおすすめの望遠レンズを紹介します。

    詳細はこのあとの本文で!

    参考になった

    133人

    参考にならなかった

    13人

    おすすめの望遠レンズ

    スマホのカメラ性能どんどん進化していきます!iPhone6s/Plusは1200万画素!XperiaZ5はなんと2300万画素!

    スペックだけならデジカメにも勝るとも劣らないスマホカメラ。

    ところが唯一の弱点がズーム機能

    デジタルズームやアプリだと写真を引き延ばしているだけなのでどうしてもボヤけてしまいます。

    しかし望遠レンズなら光学ズーム(複数のレンズを組み合わせて虫メガネのように拡大する)なので画質が劣化しません。

    手軽に3倍ズーム

    クリップ式なので撮影したいときにすぐに装着!コンパクトで持ち運びも便利で人気のレンズです。

    おしゃれなデザインで高級感があるのも嬉しい。3倍といっても画質が落ちないので迫力あります。

    • 3倍HD望遠レンズ
    • 光学ズーム
    • 高品質HDガラス

    レビュー・口コミ

    期待通りの製品です。
    スマホアダプターのレンズは広角系ばかりで、望遠はほとんど選択肢がありません。
    数少ない望遠系アダプターを試しましたが、どれも像が甘くなってしまい、いかにもチープなプラレンズ的な画像になる中、これは比較的シャープに写ってくれました。

    本体の剛性もしっかりしていて、ちゃんと作っている感を感じました。
    でもクリップの形状にもう一工夫欲しいところで星4つ。レンズ自体はこの値段なら満足です。

    安くて12倍ズーム

    12倍もあれば肉眼では確認できないものがハッキリと見えます。しかも驚きの2000円台!

    これで満足できるズームが堪能できるのは素晴らしいですね。

    フォーカスを合わせるのにコツがいることと、高倍率のためちょっとの動きで手ブレになってしまうのが惜しい。

    • 12倍光学ズーム
    • 画角:70°
    • レンズサイズ:30x75mm

    レビュー・口コミ

    まず手に取った際、とても小さく持ち運びに便利なレンズだと感じました。
    調節が可能なレンズです。

    実際にiPhone6S Plusにて装着させて頂きました。
    ケースを付けた所に、レンズを装着すると、レンズの調節をする際、スマートフォンとの位置がズレてしまうことがあります。
    その辺が、注意するところではないかと思います。

    実際に写真を撮影しました。
    iPhoneで普通に撮った時と違い、遠くの物を近くで撮れる様になります。
    例えばスポーツ観戦や、ハイキング等で景色を撮りたい際に非常に重宝するのではと感じました。

    三脚付き12倍ズーム

    倍率が高くなればなるほど出てくる問題点が手ブレ!

    だけど安心してください。三脚がついてますから!

    もちろん三脚を取り外して使うこともできます。肝心の望遠機能も12倍も文句なし。そしてアルミ合金製ボディで耐久性も抜群。

    • 12倍光学ズーム
    • 簡単組み立て
    • 三脚は高さ調節可能

    レビュー・口コミ

    スマホに取り付けできる望遠レンズが欲しくて購入しました。
    スマホ用の光学式ズームレンズがあれば、いいなと探していましたが、これは12倍のズームレンズで、結構長さがあり、本確定な望遠レンズだと思いました。

    どのようにスマホに取り付けるのかと気になりましたが、付属のアイフォンケース自体に望遠レンズをねじ込み式に固定できるので、iPhoneをケースにはめ込みさえすれば、取り付けでします。結構簡単です。

    ただ、レンズ自体が重いので、スマホ本体と合わせてしっかりと固定できる三脚が必要です。これも付属のものがしっかりとしているので、安定感のある撮影が出来ます。

    レンズ自身には専用のキャップと巾着袋が付属されているので、持ち運びにも便利です。

    驚愕の18倍ズーム

    望遠レンズで重要なのは倍率だろうが!という人必見!

    なんと驚きの18倍ズーム!

    もうなんでも見えます!あんなものやこんなものまで!

    幽霊の毛穴だって撮影可能!?


    標準カメラと比較するとその違いは一目瞭然ですね。
    • 18倍光学ズーム
    • 手ブレ防止三脚付き
    • 新規光学設計、超長期ビジョン、高解像度、優れた色再現が画像の品質

    レビュー・口コミ

    子供のサッカーの試合の時に知り合いががクリップタイプの望遠レンズで写真を撮っていたのに憧れて こちらを購入しました。
    クリップタイプのものはレンズ同士をあわせるのが少し難しく、こちらはケースタイプですのでレンズをあわせることが非常に簡単で不器用な私にも難なくこなせました。

    発送も速やかにして頂いて、とっても満足しています。少し可愛い日本語での商品説明書にも癒されました。
    購入してから思ったのですが、iPhoneを機種変した時にケースだけ別売りというのがあれば嬉しいなぁと思いました。ご検討、よろしくお願いします。

    使い始めてからの感想です。
    ケースのネジの溝が浅く、残念ながらギュッと締められたのは数回でした。今では不安定な締まりの中、レンズとiPhoneを手でバランスよく抑えて写真を撮っている感じです。

    暗視スコープ付き8倍ズーム

    なんと暗いところでもバッチリ見えるように暗視スコープまで付いた8倍望遠レンズ!

    いつどこで何に使えばいいのかよく分かりませんがなんだか凄いアイテムです。

    • 望遠暗視スコープ
    • アンドロイド専用
    • 赤外線マグライト付き

    レビュー・口コミ

    Xperia Z3 Compact + cameraFi で無事に使えました。

    USB接続で70倍ズーム

    倍率が高くなるほどレンズがでっかくなってカッコ悪い!バカでかいレンズをスマホに取りつけると扱いづらい!

    そんな悩みもUSB接続ならバッチリ解決!カメラを好きな場所に設置して映像はスマホで確認!

    しかも倍率は驚愕の70倍!

    • 70倍望遠カメラ
    • Androidスマホ・Windowsパソコン対応
    • ミニ三脚付き

    レビュー・口コミ

    面白半分で購入。
    思ったよりは画質は良かった
    注意が必要なのは
    ピント調節は可能だがズーム機能は無い。
    つまりは高倍率レンズつきwebカメラです。

    70倍固定じゃなければ☆4だったかな
    エアガンのサイトとかにしたら面白いかも

    高性能な10倍ズーム

    Xperiaが絶好調なソニーがついにスマホ専用カメラレンズまで開発しました!倍率でいえばたかが10倍ズーム。

    しかしカメラ性能がスマホのそれとはもうまるで断トツに違います!

    ソニーのデジカメにも使われている高級レンズ「Gレンズ」搭載。

    つまりスマホでデジカメと同クオリティの写真が撮れるってことなわけですね。

    さらにスマホから取り外してレンズだけでも撮影可能という驚きの仕組み!さすが天下のソニー!目のつけどころがシャープ!


    唯一の弱点はただの望遠レンズではないので価格はそれなりにします。
    • 光学ズーム10倍/デジタルズーム40倍
    • 1820万画素
    • 画像処理エンジンBIONZ搭載

    レビュー・口コミ

    QX100と迷いました。
    結局、今までiPhoneのカメラで満足していた自分では、QX10で充分だろうという結論に達し、こちらにして正解でした。
    その理由は5つあります。

    1 サイズが小さいので持ち運びに困らない
    2 レンズ性能はこれで大満足
    3 Wi-Fiでネットに接続していない時なら、思ったほどWi-Fi及びアプリ接続に時間はかからない
    4 既にWi-Fiに接続中のiPhoneの場合は、まずカメラの電源を入れ、Wi-Fiを手動でQX10にして、完全にWi-Fi接続の「チェックマーク」がついてからでないと、アプリでQX10とはつながりにくいのでご注意を!
    5 SDカードなしでも、Wi-FiでiPhoneのカメラロールに自動的に写真が送られるので、iPhoneの搭載カメラと同じような感覚で使えて便利

    手ブレを防ぐ!カメラリモコン

    ズーム撮影の最大の敵は手ブレです!

    撮影ボタンを押そうとスマホ本体を動かしてしまい映像がブレる。せっかくのズームが台無しですね。

    そこで便利なのがカメラリモコン!スマホに触れることなく撮影できるので手ブレの心配がありません!
    • 重量:約9g
    • 作動距離:10m
    • 全6色

    レビュー・口コミ

    iphone7(iOS10.2.1)でバッチリ使えて満足です。
    商品自体はおもちゃみたいにチャチな感じですが、むしろ気兼ねなく使えていいです。また軽いのもいいです。

    iphone用のボタンはandroid用より大きく、押しやすいです(androidのユーザーには何だか申し訳ない気がする(笑))
    付属の説明書はコピー1枚ですが必要十分です、記載のペアリング手順はとても簡単にできました。

    私の場合2~3m離れての自撮りがメインで、十分届きます。
    何と言っても値段が安い!いかにシンプルな機能といえどもこの価格は嬉しいです。
    家族用にもう1つ欲しいですね。

    望遠レンズの選び方と注意点

    望遠レンズはどうしても倍率に注目してしまいがちですが、使い勝手や付属品も大事なポイントとなります。

    ここではその違いを説明します。

    装着方法

    望遠レンズに限らず、スマホ専用のカメラレンズにはクリップ型ケース装着型の2種類があります。

    使い勝手に大きく関わる部分なので使用頻度や用途によって決めると良いと思います。

    クリップ型

    • コンパクトで持ち運びやすいサイズ
    • ほとんどのスマホに使える
    • 倍率が低め

    ケース装着型

    • 専用ケースなので機種が変わると使いまわせない
    • 専用ケースなので安定する
    • 倍率が高め
    頻繁に持ち運ぶならクリップ型、高倍率重視ならケース装着型を選ぶと良いと思います。

    レンズの品質

    画質の良さはレンズの品質によって変化するといっても過言ではありません。

    どんなにスマホの性能がハイクオリティでもレンズが汚れていたら汚い写真になってしまいます。

    レンズの品質を見極めるポイントは光学ガラスかどうかです。

    光学ガラスとは、簡単に説明すると「通常のガラスよりも透明で傷やゴミが入っていないピッカピカのガラス」です。

    商品説明に光学ガラスと記載されていれば問題ありません。

    付属品

    カメラレンズが届いてまず驚くのは付属品が意外と多いことです。

    レンズキャップや持ち運び用ポーチ、ミニ三脚が付属しているものもあります。

    予想以上にオマケがついていると嬉しいものですよね。

    反対にカメラレンズのみで付属品が何もないのは寂しかったりもします。

    最後に

    森の奥に怪しい人影が見えたらパシャリ!

    廃墟の中に顔のようなものが見えたらパシャリ!

    トンネルの天井に怪しいシミが見えたらパシャリ!

    いつでもどこでもどこからでもド迫力の写真が撮れる望遠レンズは心霊スポットのお供に持っておきたい一品ですね。

    どれも品質にそれほど差はないので5,000円以内の予算で選ぶなら倍率で決めて良いと思います。品質ならソニーのサイバーショットで間違いありません。

    関連記事▼

  • 参考になった?

  • なった(133)

    ならない(13)

  • コメント

  • 1:名無し2016/11/10(木) 17:12:43

    上海問屋で50倍の望遠レンズが売ってたんですけど今は在庫切れみたいです。気になっていろいろ探しているんですけどどこにも無いですね。

    見た目が大砲みたいで笑えますw

      このマニュアルに関する感想や補足情報、試した結果など自由にコメントしていってください。
    • 本文:
    • 名前(省略可):
  • おすすめ記事

広告

スポンサードリンク

New

新着コメント