【体験談・実話】生霊に関する怖い話

スポンサードリンク

  • 参考になった

    85

    ならない

    8

  • 生霊に関する怖い体験談・実話を紹介します。

    もし生霊に取り憑かれて困っているのなら体験談が解決のヒントになるかもしれません。

    自分と似たような状況の話がないか探してみてください。

    詳細はこのあとの本文で!

    生霊に関する怖い話

    生霊が生み出される原因にはいろいろなものがあります。恨みや嫉妬はもちろん、中には使命感や気遣いが生霊となってしまうこともあるようです。

    身内も生霊になる

    幽霊よりも生きている人のほうが恐ろしい

    父の実家で祖母と一緒に暮らしていたのですが、祖母は横暴な人で私の母と仲が悪くしょっちゅうケンカばかりでした。

    親族も生霊を飛ばすという事がよくわかる話です。他人よりも因縁が深い分、生霊を飛ばされてしまうと除霊するのは大変でしょう。

    血の繋がった関係ならここまで深く恨むことは少ないと思いますが、この話のように嫁と姑の関係ではよくあるのかも。

    急な体調不良など原因がよく分からないものは気付かないうちに嫁(姑)から生霊を飛ばされているのかもしれませんよ。

    もう一人の自分が現れた

    生霊?ドッペルゲンガー?

    小学校4年生の頃の話です。友達のSちゃんと土曜日の午後から遊ぶ約束をしていたんです。1時に私がSちゃんの家に迎えに行くって。

    生霊を生み出すのは怨念だけと思われがちですが、使命感が生霊を生み出すこともあります。なにかをやり遂げなきゃいけないという強い気持ちが生霊へと姿を変えます。

    この話のように子供の場合は純粋すぎるがゆえに約束を守るという強い使命感にかられます。

    ドッペルゲンガーとの違いは、生霊は目的を達成すれば消えるので自分で自分の生霊を見てしまうといったことはありません。自分に生霊を飛ばすことはできませんからね。

    強い念は残像のように残る

    緊張のしすぎで・・

    姉の彼氏が家にシュークリームを持ってきてくれたことがありました。偶然近くまで用事があったので有名なお菓子屋さんで買ってきたとのこと。

    こちらは珍しい話です。この話に出てくる生霊は「極度の緊張」が原因ではなく、「喜んでもらいたい」という気持ちが強すぎたからだと思います。

    気配を感じる程度なら珍しくありませんが、ハッキリと姿が見えるほどの念はやはり生霊なのでしょう。

    もちろん危害を加えるといったことはありません。見た方は驚くと思いますが。

    生霊は他人にも見える

    あれが生霊なのだろう

    アパートの管理をしている親戚から聞いた話です。三階建てのアパートでその親戚は一階に住んでいます。

    霊能者ほどの霊力を持っている人なら他人に憑いている生霊を見ることもできますが、少し霊感が強い程度では他人の生霊を見かけることはあまりありません。

    この場合はよっぽど強い生霊だったのだと思います。生霊が自由に動き回っていることからも伺えます。

    話の中ではドアに髪が巻き付いていただけですが、実際はもっとヒドイ被害にあっているのではないでしょうか。この後どうなったのかが気になります。

    生霊になった瞬間

    死の直前

    私と友達の女の子、そして知り合いの男の子の三人で飲んでいたときの話です。うっかり終電を逃してしまい仕方なくその日は三人でホテルで泊まることにしました。

    基本的に生霊は対象の人物のもとへ飛んでいくものですが、この話のように多数の前に現われることもあるんですね。

    生死の境にいる・助けを呼びたい・犯人を憎む、これらの条件が重なるとこういった現象が起こるのかもしれません。

    傷つけられた恨みが生霊に

    元カノの生霊

    5年くらい前の話です。「お前って幽霊の話とか好きだよな。知り合いに霊能力を持った人がいるんだけど紹介しようか?」と友人から誘われました。

    恋愛関係の末、生霊を生み出してしまう話は少なくありません。特に男性が女性に対して酷い態度をとったり傷つけてしまうような行動をすると高確率で生霊に取り憑かれます。

    生霊を飛ばしている本人すらもそのことに気づいていないパターンはよくあります。感情の起伏が激しい人に多く見られます。

    相手に対する恨み・好きという想いが無くなると生霊も自然と消えていきます。この話はそのことがよく分かる体験談です。

    生霊のちょっといい話

    幽体離脱でもして俺のところに来いよ

    10年前、仲の良い女友達がいたんだ。名前はM子、今だから言えるけど俺はM子のことが好きだった。

    彼女は本当に幽体離脱をして彼に会いにいったのかもしれませんね。それを生霊と呼べるかは少し微妙な感じもしますが。

    正直なところ感動話を解説するのは苦手です・・・。なんだか水を差してしまうような気がして・・・。

    最後に

    一言で生霊といってもいろいろな話がありますね。

    紹介した体験談の中には良い話と悪い話がありましたが、大抵の場合は生霊にとり憑かれても良い事はありません。

    生霊にお困りの型はこちらの記事も参考にしてみてください。

    関連記事▼

  • 参考になった?

  • なった(85)

    ならない(8)

  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      このマニュアルに関する感想や補足情報、試した結果など自由にコメントしていってください。
    • 本文:
    • 名前(省略可):
  • おすすめ記事