首切峠

評価 評価 評価 評価 評価
スポンサードリンク

  • 地図と場所

  • 【住所】〒766-0201 香川県仲多度郡まんのう町造田 県道17号線
    【行き方】県道17号線はわき道が多いので首切峠へ続く道をしっかりと頭に叩き込んでから行ったほうがいいです。
    入口までならストリートビューでも確認できます。
  • スポンサードリンク
  • 建物は所有者によって管理されており、無断での侵入や物品の持ち出しは法律で禁じられています。 また近隣住民の方々に迷惑となる行為は慎まれるようお願い致します。 夜間の散策では騒いだりしないように十分注意してください。 当サイトは航空写真やストリートビューからの鑑賞をお薦めしています。

  • ここで起きた事件、事故、怪奇現象

  • これほど心霊スポットが似合う名前の場所も珍しいです。
    この恐ろしい名前の由来は戦国時代までさかのぼり、長宗我部元親によって攻め込まれた造田城は壊滅状態にまで陥り、ほとんどの兵士が戦士してしまいました。
    わずかながら生き延びた者も傷や損傷が酷く、苦しみながら死を待っている状態だったため、哀れに思い首を切って楽にした事から首切峠と呼ばれるようになったそうです。

    死者の魂を慰めるために地元住民によって地蔵が建てられました(これもまた首切地蔵というおっかない名前が付けられています)
    夜な夜な首の無い武者の霊がさまよっているとの噂もあります。
    運が悪いと首無武者が憑いて来て寝ている時に「わしの首を知らんか」と耳元で囁くそうです。
    他にも手や足など身体の一部が欠損している霊の姿も確認されています。

  • 関連記事▼
  • スポンサードリンク
  • 評価

  • 首切峠 の評価は
    3.04 /5 point(22人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • 体験談

    首切峠の怖い話(体験した話・聞いた話なんでもOK)を募集中です!

    体験談を投稿する

  • 写真、画像

  • 首切峠 の写真、画像一覧
    首切峠201410082257210.JPG首切峠201410082257211.jpg首切峠201410082257212.jpg

    画像を投稿する

    ファイルサイズは最大1Mbyteまでです。

    他のサイトやブログの画像をお借りする場合は予め了承を得ておくようお願いします。







  • 動画

  • 自動で取得しているので関係のない動画が表示される場合があります
  • コメント

  • 1:

    名無し

    2014/10/11(土) 04:50:54

    首無いなら囁けないじゃん

    2:

    やち

    2015/04/06(月) 17:49:14

    なんつ~気持ち悪い写真を撮るんじゃろか?

    3:

    朝日奈 佳正

    2015/07/30(木) 17:11:25

    やち さん   たしかに・・・。

    4:

    名無し

    2016/02/20(土) 12:11:17

    高松から山道を一生懸命車で上がったところにある一本咲きのしだれ桜、この峠が南に控えてたとは知らなかった。まんのう公園は何度か行ったが、どの道を通ったかな。。。

    5:

    名無し

    2016/05/02(月) 17:16:23

    ここへ上がる途中、なんでこっちへ来たのかと聞かれた。首切峠方面は昼間なのにうす暗かった。ストリートビューで見ると、明るく見えるのに。

    6:

    名無し

    2016/05/09(月) 01:30:07

    霧の強い日、夜中の12時ちょうどくらいクルマではしっていたら友達が看板の真下で止まりクルマから降りて少しへんだった。すぐ声かけたら元に戻ったがなぜ止めたかあんまりわかってない感じでした。少し怖かったです。

    7:

    名無し

    2016/05/28(土) 00:05:38

    知り合いが5人で行ってましたが3人取り憑かれてました

    8:

    名無し

    2016/06/25(土) 04:58:41

    歴史について。

    1.首切峠 は、
    満濃町で山越えの疲れを癒した敵(長曾我部軍に当たるのでしょうか?)が、
    『あっちは海(愛媛)や』
    と、西を指して言う地元住民を信じて接待の晩を過ごし、誰も逃げないようにしたあと、
    『高松城はこの山を越えて行く』
    と、峠を指された通りに進もうとしたが、首切峠が気持悪くて進めなかった。

    2.首切峠の侍は、
    これ以上進軍を食い止めることはできず、苦肉の策であった。
    敵がそれ以上攻め込めないようにずーっと道を切腹死体で埋めた。

    3.
    『どこから来たんや』
    と、幽霊に訊ねられる。

    社会科の先生かだれかこう言っていました。

    『どこから来たのか』これは、敵を問うているのかもしれません。

    9:

    8

    2016/06/25(土) 05:00:20

    首切峠の歴史について。説明文と先生かだれかの説明、両方の意味があると思います。

    10:

    名無し

    2016/12/27(火) 03:56:33

    曽我部氏とは、曽我氏(京都のお偉いさん)の系列とかそういうふうに歴史授業のついでに聞いたかとかすかに覚えています。645年とか64564とか、中学校で習ったあの曽我氏です。
    話は戻りまして、首切峠の説明文における(長)曽我部氏については、高松では近年まで耳にした覚えがありませんでした。
    香川県高松市の小学校で、首切峠伝説は、まんのう公園かまんのう池へバスで学習に行った際にちらと耳にしたように思います。

    11:

    名無し

    2016/12/27(火) 04:03:46

    坂本龍馬のテレビドラマがNHKで流行ついでに長曽我部氏の話題が飛んだのでしょうが、長曽我部氏はドラマの中で倭寇として出てきます。香川県民は倭寇の話題は小さくして、那須与一と平氏のことを大事にしています。なぜなら平氏の子孫が国土に根付いているからです。
    首切峠についてですが、それは香川県民しか知りえない内容かもしれません。なぜなら讃岐峠でやった(出やったまたは殺ったの意)から。

    12:

    11

    2016/12/27(火) 04:11:57

    倭寇。それは、平清盛のテレビドラマで出てきます。坂本龍馬と長曽我部氏は土佐の地方出身者つながりです。11で記載したのはテレビドラマつながりの話題についてのことです。

    13:

    11

    2016/12/27(火) 04:17:13

    四国山地方面の話を親にされたことがあります。犬鳴村ではありません。お犬様でもありません。狛犬とも違います。犬神様です。私の祖先は犬を殺していたと。または犬に吠えられます。四国山地は犬がおりまた首切峠のような心霊スポットがあるということです。
    この首切峠を登ると、四国山脈の只中へと行き先になります。トラックの運ちゃんが飛ばして行く場所の一つだと。
    落ち武者がこの峠で出身を聞いてきますので、嘘をつくと怖い目にあう(昔話では命を狙われる)ようです。現在は車があるのでほとんどの人が平気だと思います。旧峠への坂道は封鎖されているようです。

    14:

    11

    2016/12/27(火) 04:27:04

    お地蔵様。岡本方面から続く坂道(ずーっとこの坂を行き色々とほそ道分かれ道がありますが、こちらから行くと斜め上がりとなり多少坂の険しさが緩和されるようです。)のふもとに2体ありますがつい近年はこちらと間違えて思っていました。幸せな町に住む彼らが微笑みをたたえているのは当然のことです。
    空港方面への道を間違えて首切峠に出ることがありました。西分の桜を見逃がしたことを考えていたら息切らし首切峠の真ん前まで登りました。桜の見える坂道までは明るく美しいのですが、峠にさしかかると薄暗く怖いのです。

    15:

    11

    2016/12/27(火) 04:54:52

    『首切峠で出身を聞いてくる幽霊に嘘をつくと命を狙われる』という話を学校で先生にされたかと記憶しています。『讃岐なら良し。くれぐれも高知の人は気を付けたほうがよい』とも先生に。曾祖母の苗字が高知の士族に多いかと調べもので知りましたがしかし正確には知りませんそして、そのことで私が幽霊に問い詰められるかどうかは知りえません。
    徳島と香川の県境から侵攻してきたと地図で見るとそう見えます。実際は四国『山の中からやって来た』のように学校の先生が言っていたかとそんなふうに記憶しています。県内の学校によっても教えが違うかもしれません。(四国山脈の中を越える際に疲れ果てた兵士もちろん倭寇の海賊ですからそれらをあの山に挟まれた町で歓迎したと話に聞いたそう記憶しています。)四国山脈の国有林は手入れに困り今はボランティア募集などでまかなっています。

    16:

    名無し

    2016/12/27(火) 05:14:56

    平成9年女子高生殺人事件の遺留品発見現場と遺体発見現場をまっすぐ上空から線でつなぐとおよそ首切峠を通過します。山中を車両でまっすぐ横切ることは多分できないと思いますし峠を通る通らないはわかりませんが平野を見下ろす場所となり絶景スポットを多く目にすることができます。
    お遍路さんが通るへんろ道は、この首切峠の周辺をもちろんのびています。うす暗い坂道は首切峠と知らず「シマッタ」と引き返すのが勿体なく、細道を選びへんろ道の矢印をおよそ目安に進んでやっと平野の近くまで出てくることができました。その周辺を不用意に歩くと山中への迷い口です。夜中に首切峠の幽霊ほかに追い駆けられても命の保証はありません。

    17:

    名無し

    2016/12/27(火) 05:31:40

    徳島のある場所を目指しこの峠の辺りからトンネルを抜けるとおそらく私の居住地から近道とか新しい国道の道幅など抜けやすいとか、そのさいに祖母は車でこちらの道を通りたがらなかったのではないかと思います。もちろん標識にあるようにこの峠の名前が恐ろしいからです(首切峠なんていう名前、首を切られるのではないかと実際それを利用する可能性がある場所に住んでいると自覚があるためそういった心理を理解できます)。おおくは別の道を選んだかと思います。冬はアスファルトの坂道で雪のため車輪がすべるので怖かったと聞きました。幼いときTVCMを見て雪のタイヤにしたらどうかと聞きましたが取り換えが面倒とかタイヤ替えとんでとはぐらかされただけです。

    18:

    名無し

    2016/12/27(火) 05:41:00

    香川県で学校の先生が話してくれた内容こう記憶しているということについてを書きます。
    山中から出てきた野武士は疲れ果てた様子で、讃岐の殿様の居場所(城)を聞いたので驚いた。小さい村の住人が集まって相談した。
    下の一文は何か香川県の書物か何かで読んだ内容かもしれません。学校の先生が話してくれた内容と重なっているかもしれませんが記憶によるところです。ただ、高校の歴史の先生が私の親戚だったのでいろいろと話が混ざっているところがあるかとも思います。
    野武士は山賊ということになりますがもともと海賊のため山歩きが下手だった。讃岐のお殿様がやられたら一大事です。

    19:

    名無し

    2016/12/27(火) 05:48:53

    香川県に住んでいると様々な旧事についての書き物を目にする機会に恵まれます。学校の先生が話してくれた内容についてこう記憶しているという内容についてを書きます。または、小学校のとき首切峠の辺りを通るかしてまんのう公園のほうへ案内をくれたバスガイドさんのお話が混ざっているかもしれません。いずれも香川県のことについて話をくれた記憶に頼るものです。
    酒を飲ませて酔わせた。山賊なので頭が悪い。たくさん飲んだ。

    20:

    名無し

    2016/12/27(火) 05:59:21

    下記は上記についてのある讃岐人の見解かと思います。耳にした記憶を頼りに書きます。記憶によるものであるため、記載者個人の見解が大いに混ざっていると承知の上でお読みください。
    酒をたらふく飲ませて酔っぱらわせれば良い。山賊は頭が悪いから気が付かない。山賊なので大量に飲み干した。貴重な酒だがお殿様のためである。我慢。(高松の殿様は松平氏が有名ですが松平氏の節制と我慢をかけているのかもしれません。香川県民はケチで有名とか風評には聞いています)
    最初は長曾我部の一族が紛れているかもしれないとヒヤヒヤした。しかし山賊は全員が策に嵌まり、翌日にはフラフラ。頭が悪いと判断しすべて下っ端だと思った。

    21:

    名無し

    2016/12/27(火) 06:11:32

    フラフラした山賊は、坂道をフラフラと駆け下りた。村の人々が茂みに隠れて山賊を横から槍で突いたり投石した。背後から矢を射ってトドメをさした。辺りを探してみたが逃げた兵士はいなかった。
    上の文章は、香川県で学校の先生に教えられた内容かと記憶していますが、もしかすると香川について詳しい本か教育ビデオか何かほかの要素香川の人であれば理解する土地勘が混ざっている可能性があるかもしれません。いずれも記憶によるところとご承知ください。ただ私はここに文章を書いているのみですので何かしら問題点についての見解があるのでしたら香川県庁または香川歴史ミュージアムほか適材適所へお問い合わせ願います。

    22:

    名無し

    2016/12/27(火) 06:14:37

    なんでここに首切峠とついていると思いますか?兵士が首を切って自害したからです。兵士が坂道をずっと死体で埋め尽くした。鎧と死体と首ですよ。大切な兵士を思い弔い塚を立てた。ここまでは村の人は喜んでやるでしょう。

    23:

    名無し

    2016/12/27(火) 06:18:35

    足の踏み場がなかった。城の兵士の、鎧と死体と首が一本きりの山道をずっと埋め尽くしています。足の踏み場がないというのはそういうことです。下手な兵士(慣れていない若者など)は自害がうまくいかず飛び散った血が余計に増えたことでしょう。藪といっても草藪か木で覆われた藪かわかりません。今は竹が多い。

    24:

    名無し

    2016/12/27(火) 06:22:04

    二度と長宗我部が攻め入ってくることはなかったと。
    「なんだかわからんが、」という前置きのようです。
    学校の先生の話だったか親戚の先生の話だったかミュージアムかどこかで小耳にした話なのか記憶にあるのみです。

    25:

    名無し

    2016/12/27(火) 06:30:58

    ここで食い止めていなければ高松城がやられていた。どこの山賊かわからないやつらに。
    高松城のお殿様は徳川家家老かの名前「松平様」。
    曽我部とは曽我氏の名前に見える。曽我氏とは平安時代が有名な都のいち族の名前。
    要するにこういう内容の話です。話を聞いた場所は、香川県です。その土地勘によるところが大いにあるかもしれません。ただ記憶やらそういう様々なものによります。

    26:

    名無し

    2016/12/27(火) 06:36:11

    高松城は今も健在であり江戸時代はお殿様の政策によるところが大きいか安泰そのものである。
    高松城が残っているのは、首切峠で食い止めてくれた村の人の力によるものです。
    これは学校で聞いた話でなく私の見解かとも思います。ただ風土によるところもあると思います。

    27:

    名無し

    2016/12/27(火) 06:42:56

    長宗我部元親によって造田城が侵攻されたとネットで記載があるようだが、今の首切峠に長宗我部元親が攻め込んでいたとしたら大変なことだよね。と、香川県民の私はひそかに笑います。

    28:

    名無し

    2016/12/27(火) 06:49:05

    接待(酒の席)に素直にお呼ばれされるのは地位が高いまたは並の人である。歓迎と銘打って酒と寝床を用意されたのだから従わざるを得なかったのだろう。
    ただ、宿場町といえば塩江温泉郷が有名だが休みたいならなぜ塩江を通らなかったのか不思議である。

    29:

    名無し

    2016/12/28(水) 01:16:05

    源氏と平氏で香川の人が話したこと。こんな話あったと思うんやけど。誰が話してたか覚えてない。どこで聞いた話か覚えてない。ただ香川で聞いた。

    ”源氏が海から来て網みたいに囲んで”
    ”源氏が領地広げにきた”
    ”源氏は平家滅ぼしにきた”

    それがあっこって、首切り峠。

    30:

    29

    2016/12/28(水) 01:26:09

    風の噂やろか?話の聞き間違いやろか?

    ”源氏が海からわざわざ山まで回ってきて、平氏を一匹残らず追い詰めた”
    ”山の中で平氏が自害した”

    あと、こんな話なかったっけ。

    ”平氏に追い詰められて城主が自害した”

    31:

    30

    2016/12/28(水) 01:33:13

    平家の話は有名。首切峠と関連してこんな話がなかったっけ?

    ”ボロボロの平氏が逃げのびようとして”
    ”鎧が重かった”
    ”死体の山につまずいて”また”そのへんにつまずいて”
    ”刺さって死んだ”

    32:

    31

    2016/12/28(水) 01:51:10

    ”平家が平安のときに讃岐を支配しにきた”
    ”平家がまんまと酒を鱈腹飲んで寝た”
    ”村人は峠の坂道だけを教えて待ち伏せでやっつけた”

    29~31も全部こんな話されたって話な。真面目にこの話されたと思うんやけど、誰の話やったか覚えてない。

      首切峠 について検証、行ってみた報告、エピソードなど自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 画像(省略可):

    • ファイルサイズは最大1Mbyteまでです。
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • 修正・削除依頼

  • 心霊スポット探索に使えるスマホグッズ!

    心霊スポットや廃墟探索に使える便利なスマホグッズを紹介!保護フィルムとバンカーリングでスマホの安全を確保!幽霊を探すお助けアイテムは赤外線カメラと望遠レンズ!

  • 近くにある心霊スポット

  • 首切峠 の近くにある心霊スポット一覧
広告

スポンサードリンク

スポット登録
最恐心霊スポットランキング
2chが決めた行ってはいけない心霊スポットランキング
心霊マニアが認める廃墟ランキング
New

新着コメント

Check

おすすめ記事