千葉県の心霊スポットまとめ:3ページ目

スポンサードリンク

  • 検索条件

  • 地図から消えた海岸(浜宿海岸)

    千葉県 九十九里有料道路

    1982年に、5人がこの海岸で焼かれるという事件が起きた。 この事件の不可思議な点は、その年の1月・4月・5月と5人とも違う日に焼かれたということ。 さらに5人とも車内で焼かれている。 そして5人とも44歳だということ。 偶然にしてはあまりにも出来すぎなため、この話は瞬く間に広がり、やがて焼死者の霊が出るという噂の心霊スポットとなった。 お祓いなども行ったが霊の目撃情...

    流山飛血

    〒270-0164 千葉県流山市流山1丁目264

    処刑場跡。霊感ないひとでも必ず感じます。ある人は要注意。最強最凶です。...

    首塚(堂の山)

    〒262-0032 千葉県千葉市花見川区幕張町1丁目4052

    室町時代中期、千葉胤直が焼かれ命を落とし、馬加康胤の首が葬られている場所、それがこの首塚です。 首塚の入り口にはお墓が並んでおり、不気味な森を抜けると、さらに異様な空気を放つ首塚の五輪塔があります。 また、近くには自らの髪の毛を引きちぎりぶらさげていく女が現れたという神社もあります。...

    達磨神社

    〒274-0082 千葉県船橋市大神保町636

    そもそも『達磨神社』とは通称で、本当の名前は『白幡宮』です。 なぜ達磨神社と呼ばれるようになったのでしょうか。 噂によると、この神社に奉納されている達磨(だるま)は、奇妙な呪術を使うためのものだったそうです。 その事から達磨神社と呼ばれるようになったと考えられます。 怪奇現象の多発している場所だが、強盗殺人事件が起きた場所としても有名です。 殺害されたのは大学生の男性だったそうです。...

    おせんころがし

    〒299-5256 千葉県勝浦市大沢215

    豪族の一人娘のお仙は、年貢に苦しむ領民を見かねて強欲な父を説得します。 が、父は聞き入れてくれません。 ある日、父の殺害計画を領民が立ててる事を知ったお仙は、自ら父の身代わりとなって断崖から投げ落とされる事となります。 翌朝、お仙の事を知った領民達は悲嘆にくれ、地蔵尊を建てて供養しました。 これが「おせんころがし」の名前の由来です。 他にも女性が強姦されて断崖から突き落とされると...
広告

スポンサードリンク

心霊スポットを投稿する

都道府県で探す

Check

おすすめ記事