【恐怖の心霊体験談】築別炭鉱で起きた実話「行ってはいけない炭砿」

評価 評価 評価 評価 評価
  • 都市伝説の詳細

  • 築別炭鉱で起きた実話「行ってはいけない炭砿」

    北海道羽幌にある築別炭砿は1970年頃にはとても栄えていた場所でした。ところが閉山の噂が流れると住民はすぐにこの街を離れます。石炭需要の低下、そして労働者の確保が難航したため炭鉱は数年後に閉鎖されました。

    札幌から200km、一番近い町でも20kmは離れており、そのうえ雪の季節になると誰も立ち寄れなくなるような場所だったためけっして住みやすい環境とは言えず、住民の数は次第に減少。数年後には炭鉱周辺の住人の数は100人にも満たないほどに減ってしまいました。

    2010年に北海道旅行へ行ったときに北海道在住の友人Bに誘われて私は築別炭砿を訪れることになります。Bの車に乗って向かった先は炭鉱労働者が住んでいた集合住宅。

    廃墟といえば下品な落書きが定番ですが、さすがにこんなところまで訪れるような若者は少ないらしく、40年前の廃墟にしてはとても綺麗な状態でした。まだ誰かが住んでいるかもしれないと感じたほど。

    私がそう感じたのは綺麗という理由の他に、人の話し声や気配を感じたからかもしれません。Bの話では労働中に亡くなった作業員の霊が出るとのことです。他にも帰る途中に必ず事故が起きるとの噂もあるのだそうです。

    Bと宿泊先の旅館へ戻ったときに気づいたのですが車のタイヤについているキャップが無くなっていました。「噂ってこれのことか(笑)」とBに冗談を言ったのを覚えています。大切にしていた車だったようでBは少しショックを受けていましたが。

    噂はこれで終わりだと思っていました。しかしこれはまだ始まりだったようです・・・。

    北海道旅行から家に帰る途中、私は事故に巻き込まれてしまいました。駅からの帰り道、横断歩道を渡っている最中にトラックが私に向かって迫ってきました。トラックの信号無視です。

    間一髪トラックを避けることはできましたが転んで足に10針も縫う怪我を負ってしまいました。運転手の話ではブレーキを踏んでも車が止まらなかったということでした。警察の調べによるとブレーキは壊れていなかったそうです。偶然かもしれませんが私は築別炭砿の噂と事故が関係していると思っています。

    心霊スポット:築別炭鉱

  • 築別炭鉱で起きた実話「行ってはいけない炭砿」 の評価は
    4.20 /5 point(10人が評価)
    ( 調べ)
    タップで評価ができます
  • スポンサードリンク
  • 前:地球岬で起きた実話「スマホのナビ」

    次:泣く木跡で起きた実話「事故を誘う木」

  • よく読まれている記事▼
  • コメント

  • 1:ちびざる2016/06/02(木) 21:07:57

    地味に怖いな・・・やっぱり廃墟とかにはあんまり近ずかないほうがいいですねw

      築別炭鉱で起きた実話「行ってはいけない炭砿」 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。
    • 本文:
    • 名前(省略可):
    • 画像(省略可):

    • ファイルサイズは最大1Mbyteまでです。
  • 修正・削除依頼

  • おすすめ記事

  • 霊感の強い占い師に電話相談してみる!

    プロの占い師に電話で相談できる電話占い、中でもおすすめは電話占いヴェルニです。今ならお得なキャンペーンが豊富に揃っているので試すチャンス!

広告

スポンサードリンク

一番怖い都市伝説ランキング
世界一怖い心霊動画ランキング
New

新着コメント