【意味がわかると怖い話】廃墟

評価 評価 評価 評価 評価
  • 都市伝説の詳細

  • 廃墟

    小学校時代の話。

    俺が住んでいた家から少し離れたところに廃墟があった。2階建てのアパートで壁はコンクリート。不良の仕業だろうかほとんどのガラスは割れていて、壁も落書きだらけだった。不良と廃墟マニア以外はあまりこの場所に近づかなかった。

    夏休みのある日、友達とこの廃墟で肝試しをすることになった。と言っても小学生なので昼間の明るい時間帯。ドアは壊されていたから簡単に中に入れた。

    さっそく2階まで上がって探索を始めた。いくつかある扉のうち1つだけ文字が書いてある事に気付いた。その扉に友友達と近づいて確認すると「わたしは このさきの へやに いるよ」と書いてあった。

    「ヤベーよwちょー怖いじゃんw」とふざけながら扉を開けて中に入った。どうせ誰かのイタズラだろうと分かってはいたが肝試しを盛り上げるために「ウワーこえー」と声をあげていた。

    少し歩くと左右に道があった。目の前の壁には「わたしは ひだりに いるよ」と書いてあった。指示通り左に進んだ。進んでいくにつれ光が入らなくなり建物内は暗くなっていった。少しだけ怖くなった。

    すると道は行き止まり。両側にドアがある。目の前の壁には「あたまは ひだり からだは みぎ」と書いてあった。友達はこれを見た瞬間叫びながら走って逃げだした。

    俺は勇気を振り絞って右の部屋のドアを開けた。部屋に入ると進んでいくと壁に「わたしの からだは このしたにあるよ」と書いてあった。

    下を見ると「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろをみないでね」。

    俺はその部屋の窓から飛び降りた。幸い2階だったため足を捻挫した程度で済んだ。足を引きずりながら急いで逃げた。それからはもうその場所には近づいていない。

    廃墟の解説


    壁の言葉のあとは毎回「と書いてあった。」と文章を終わらせている。

    ところが最後の「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろをみないでね」のあとには何も書いていない。

    つまりこの言葉は書かれていたものではなくどこからか聞こえてきたということ。

    この場所に本当に頭のない体があったのかは分からない。だがそこに何者かがいたのは間違いないだろう。
  • 廃墟 の評価は
    3.81 /5 point(88人が評価)
    ( 調べ)
    タップで評価ができます
  • スポンサードリンク
  • 前:双子の誘拐

    次:由美?

  • よく読まれている記事▼
  • コメント

  • 1:名無し2016/06/26(日) 12:31:05

    意味がわかると怖い話

    2:らあら2016/07/15(金) 13:26:19

    いまいち体の状態が伝わってこなかった

    3:まぼろしのトラック2017/08/07(月) 00:46:02

    10年前のこと、トラックターミナル内で見た1960年代トラック見かけたので追っかけたが見つけられなかった。

      廃墟 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。
    • 本文:
    • 名前(省略可):
    • 画像(省略可):

    • ファイルサイズは最大1Mbyteまでです。
  • 修正・削除依頼

  • おすすめ記事

  • 霊感の強い占い師に電話相談してみる!

    プロの占い師に電話で相談できる電話占い、中でもおすすめは電話占いヴェルニです。今ならお得なキャンペーンが豊富に揃っているので試すチャンス!

広告

スポンサードリンク

一番怖い都市伝説ランキング
世界一怖い心霊動画ランキング
New

新着コメント