【恐怖の心霊体験談】西海橋で起きた実話「誰かの声」

評価 評価 評価 評価 評価
スポンサードリンク

  • 西海橋で起きた実話「誰かの声」

    西海橋は長崎県の佐世保市と西海市を結ぶ300メートルのアーチ橋です。完成当時は固定アーチ橋として世界第三位、東洋一の橋と評価されていました。しかし現在では良からぬ噂もあります。

    西海橋は長崎県内でも有名な自殺の名所で心霊スポットとしてテレビや雑誌でも取り上げられるほど。西海橋の下はちょうど大村湾と外海の潮がぶつかる場所であり、非常に潮の流れが激しくなっています。西海橋から飛び込むと一瞬で見えなくなり岸に辿りつくことは絶対に不可能といわれています。

    東洋一の橋、心霊橋として有名な西海橋には特筆すべき点がもう一つあります。潮の流れのおかげで魚が集まる絶好の釣りポイントとしても知られています。平日休日問わず釣り人をよく見かける場所です。

    私の知り合いにも釣り好きな人がいて、これはその方から聞いた話です。彼もよく西海橋で釣りをしていました。ある日、西海橋が見える防波堤で釣りをしていたときのことです。そのときは潮の流れが悪く釣れた魚は0匹。あと30分もすれば日が暮れる時間帯、夕方までは粘ってみようかと考えていたときです。

    突如背後から「どうですか?釣れますか?」と声が聞こえてきたそうです。知り合いは「いやぁ今日は潮が引いてダメですね。魚も元気がないのか全然釣れませんよ」と答えながら後ろを振り返りました。

    知り合いは驚いて声を失ったそうです。すぐ後ろで声を掛けられたはずなのにそこには誰もいなかったそうです。辺りを見回しても人の気配は全くなし。

    西海橋が自殺の名所であることを改めて感じ早々と切り上げることに。さきほどまでは静かだった大村湾も荒れ始めているように感じたそうです。自宅までの道中は事故でも起こしてしまうんじゃないかと恐怖に慄きながら車を運転していたそうです。何事もなく無事に帰れて本当に良かったです。

    西海橋は自殺の他にも、建設途中に橋の脚を埋めるための穴に作業員が落ちてそのまま生き埋めになったという話もあります。私はオカルトな話をあまり信じるほうではありませんが、知り合いが真剣な顔でこの話をしているのを見て近づきたく場所だと思いました。

    心霊スポット:西海橋

  • 前:梅林園で起きた実話「展望台の男」

    次:埼玉県松伏町エローラ風車で起きた実話「埼玉県松伏町・吉川市の間の農道」

  • スポンサードリンク
  • 関連記事▼
  • 評価

  • 西海橋で起きた実話「誰かの声」 の評価は
    2.33 /5 point(3人が評価)
    ( 調べ)
    クリックして評価をしよう!
  • スポンサードリンク
  • コメント

  • コメントはまだ投稿されていません
      西海橋で起きた実話「誰かの声」 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。お待ちしております。
    • 名前(省略可):
    • 画像(省略可):

    • ファイルサイズは最大1Mbyteまでです。
    • 本文:

    • 半角文字列だけの入力はできません。
  • 修正・削除依頼

  • この恐怖の心霊体験談を見た人はこちらも見ています

  • おすすめ記事

  • ホラスト 怖い話まとめサイト

    ホラストはネット上に流れる怖い話を集めたサイトです。様々な怖い話を4つのジャンルに振り分けて紹介しています。怖い話の総数は約6000話!あなたはいくつの怖い話を読めますか?