【ゲームの怖い話】コワイシャシンに隠された危険な真実

評価 評価 評価 評価 評価
スポンサードリンク

  • 都市伝説の詳細

  • コワイシャシンに隠された危険な真実

    プレイステーションソフトのコワイシャシンというゲームがとても危険らしい。
    開発会社に勤めていた人の話によると怪我人が続出、自殺者も出たそうだ。

    開発を指示をしていたのはK川という人で当時はテレビや雑誌などで心霊写真を扱う企画が人気で、ソフト自体が夏発売だった事もありその路線で企画された。ゲーム内容は本物の心霊写真をしようしてゲーム内でプレイヤーに除霊させるというものだった。企画会議では他の社員からも好評ですぐに社長からのゴーサインも出された。

    ところが肝心の心霊写真はどうやって入手するかという懸念が出てきた。最初は本物の心霊写真じゃなくても良いんじゃないかって話になったがK川さんの拘りは強く、本物の心霊写真を探す事になった。
    社員総出で知人に聞きまわったり雑誌の募集をかけたりして数枚ほど集まったがろくなものがなく全てボツとなってしまった。そんな中、ある雑誌社からの紹介で心霊特番などを製作している会社から写真を提供してもらえることになった。

    K川さんの出した条件はこうだった。
    1.本物の心霊写真であること
    2.除霊はしていないこと
    3.写真の持ち主から了承を得ていること
    契約は無事に完了し、30枚ほど発注をする事になった。

    次の問題はゲーム内での除霊方法だ。
    アクソンゲーム風に霊を倒して除霊完了という話も出たのだがここでもK川さんの拘りは強く、実際の除霊と同じ方法をゲーム内でも行うというコンセプトは曲げたくないという意向で本物の霊媒師に聞くことになった。霊媒師に相談したところ監修として名前を載せる事と監修料の支払いで難なく了承を得られた。

    1.まずは印を結ぶ、これはコントローラーのボタンを使用する
    2.お経を発する、教えてもらった言葉の音声を出す
    3.最後に護摩を焚いた火で燃やす、これは画面から消せばいいだろう

    そして最後の問題。
    ゲームのストーリーは霊媒師である主人公のもとに恐ろしい体験談と一緒に心霊写真が送られてきて、その話を読むと除霊開始されるというものだった。
    しかし到着した写真は海や修学旅行のものばかりでバリエーションに貧しく、さらに霊が見にくいものや白いオーブが写真全体に散りばめられているようなもので霊を探すゲームには適してないという理由でリテイクされた。何度かやり取りを行ったものの条件に一致する写真は少なく開発期間が掛かりすぎてしまうため、心霊写真自体は本物なのだから使いづらい部分は加工しようという事で決定した。

    要らないオーブを消す、霊が見にくい場合は拡大したり色調補正で浮き立たせた。霊自体の偽造はしてはいけないというK川さんの指示により、霊が少ないときは他の写真から霊を切り出してコピペして霊を増産した。
    心霊写真を使って心霊写真を偽造する暴挙、この霊を冒涜した行為にデザイナー達は心身共に疲れ、鬱になって会社を辞める者も出た。

    なんとかα版が完成し、ゲームバランス調整のためのデバッグ作業がスタートされた。
    しかしそこでついに事件が起きてしまった。
    社内に突然ギィーーーーと軋むような凄く大きい音が鳴り響いた。その音はどんどん高くなり、ィーンと耳では聞き取れない音になって最後には消えたのか聞こえなくなったのか分からなかった。
    社員が騒然としていた時にデバッグ室から叫び声が上がった。見に行くとデバッグ中のスタッフがコントローラーを握ったまま倒れていた。目を見開くバキバキと歯軋りの音がしていた。
    救急車で搬送されたが身体的には問題ないということで自宅療養となった。
    翌日、そのスタッフが自分の右手の親指を包丁で切り落とした。本人によると記憶があるが何故そんな事をしたのかは分からないとの事。早朝痛みで起きて驚いたそうだ。親指がないって。

    それからも怪奇現象は収まらず倒れる者、辞めていく者が続出。
    お祓いをしてもらいどうにかこうにかマスター完成までたどり着く。
    しかしろくなデバッグは行えずゲームバランスはボロボロ、デザイナーがグラフィック加工を拒否したためチープな心霊写真、スタッフロールには最後まで残った数名のみ。

    途中からK川さんは会社に来なくなっていた。理由は心療内科に通っていてしばらく休むとのこと。マスター完成数日前にK川さんから電話があり、体調が良くなってきたので今日から出社しますと伝えられた。しかしK川さんは来なかった。その日の夕方、社長に社員だけが会議室に呼ばれて話があった。K川さんが駅のトイレで首を吊って死んでいるのが見つかった、と。会社に向かう方向とは逆で、その駅はゲームに使用していたある写真のすぐ近くの場所だったらしい。
    ゲームはひっそりと発売され、その後会社は倒産した。

  • コワイシャシンに隠された危険な真実 の評価は
    3.56 /5 point(46人が評価)
    ( 調べ)
    タップで評価ができます
  • スポンサードリンク
  • 前:ビアンカのお墓

    次:えりかとさとるの夢冒険に隠されたメッセージ

  • よく読まれている記事▼
  • コメント

  • 1:名無し2014/08/31(日) 12:59:00

    うんこチンチンまで読んだ。

    2:名無し2014/11/07(金) 00:50:00

    ゲーム自体は全然怖くないし面白くもないっていう

    3:名無し2015/01/10(土) 12:12:15

    やっぱり呪われたんですね。

    4:名無し2015/07/26(日) 22:57:50

    このゲーム持っています。少し怖かったです

    5:名無し2015/10/18(日) 23:01:41

    これ、完全に嘘です。

    なぜかというと、その会社にその当時居ましたから。
    開発は誰も倒れてません。

    まぁ、このあとに会社が傾いて、ビルの賃貸料金払えないので引っ越しして、後に倒産しましたけど。
    引っ越し前に辞めたので、今じゃ懐かしい思い出です。

    6:2016/04/28(木) 20:25:31

    ホラゲーはソフトに色をつける為に色々とそのソフトに関する怖い話とか言うからねぇ。まあ面白いから良いけど。

    7:名無し2016/06/30(木) 14:13:42

    へ~そうなの。
    しか言えません。
    全く怖くないし面白くもない…。

    8:名無し2016/06/30(木) 14:57:09

    彼岸花 ? の小説に騙された件を思い出すなあ。表紙もあとがきも気味が悪かった

    9:名無し2016/07/01(金) 14:18:52

    しかしこんな嘘をなぜ堂々と言えるのかなあ?
    調べたらすぐわかりそうなのに、不思議でたまらないよ…

    ゲームでもアニメ製作でも、少ない人材と安月給でコキつかわれまくるブラック会社は多い
    特にアニメなんかは放送に間に合わせるのに睡眠削ってコキつかわれる訳よ
    よくあるでしょ?「また作画使いまわし」「シーン使いまわし」
    「台詞だけ喋ってキャラが棒立ち(キャラの動きが少ない)」「作画ひどすぎる」
    過労と人手が足りなくてクオリティが下がるのですよ…

    そこで体調不良を訴えたり逃亡無断欠勤したり辞めたりすると
    こーんな風に霊的なものとして妙なこと言われたりするのかもね~
    実際に某アニメなんかスタッフが足りなくて、スタッフの奥さん(素人)まで呼び出して手伝わされたとご本人がツイッターで愚痴ってた

    霊的なものなんてそうそうないですよ
    あるのは多大な睡眠不足・ストレス・人手不足という大人の事情です

    10:名無し2017/03/18(土) 23:55:49

    意図的に怖い噂広めて話題にして売ろうとしてた感ある

      コワイシャシンに隠された危険な真実 についての感想や真相の解明など自由にコメントしていってください。
    • 本文:
    • 名前(省略可):
    • 画像(省略可):

    • ファイルサイズは最大1Mbyteまでです。
  • 修正・削除依頼

  • おすすめ記事

  • 霊感の強い占い師に電話相談してみる!

    プロの占い師に電話で相談できる電話占い、中でもおすすめは電話占いヴェルニです。今ならお得なキャンペーンが豊富に揃っているので試すチャンス!