• お祓いをするときの注意点。強い霊を除霊するのは危険

  • お祓いをするときの注意点。強い霊を除霊するのは危険

  • New message has arrived

    18:00 自分でお祓いをやろうと思ってるんだけど注意することってある?

    お祓いをするときの注意点。強い霊を除霊するのは危険

    自分でお祓いをやるときの注意点は一つ。相手が強い霊なのか弱い霊なのか見極めることです。

    弱い霊であれば自分で祓うこともできますが、強い霊ならそうはいきません。いたずらに刺激して怒らせてしまうこともあります。

    お祓いをするときは相手が強い霊かどうか判断してから実行してください。

    詳細はこのあとの本文で!

    97%の人がこの記事を「参考にする」と答えてくれました。投票ボタンは記事の最後にあります。

    参考にする:49人参考にしない:2人

    自分に取り憑いている霊の正体を見破る方法

    本当に霊に取り憑かれているかどうかを確かめてからお祓いをしましょう。

    お祓いのやり方自体はこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。

    身体の調子が悪かったり、「最近なんか雰囲気変わった?」と聞かれるようになったら危険信号。

    特に心霊スポットに行ったのなら要注意です。行ったつもりがなくても偶然そーいう場所を通ってしまったのかもしれません。

    得たいの知れない何者かを連れてきてしまったと考えられます。ソレはもちろんこの世の者ではないなにかです。

    まずはソレがどんな霊なのか確認しておく事が重要です。例えば人間の霊なのか動物の霊なのかでも特徴が変わってきます

    人間霊の場合

    人間霊に取り憑かれた場合の特徴

    • 何時間眠ってもなんだか眠気が治まらない
    • 頭や肩がズッシリと重い
    • 目に覇気が無くなる
    • 気分的に弱々しくなっている

    動物霊の場合

    動物霊に取り憑かれた場合の特徴

    • 目つきが鋭くなる
    • なんでもない事でもイライラしてしまう
    • 乱暴な考えかたになる
    またどちらの場合でも共通している起こる事が、一時的に持病が悪化してしまう事です。喘息や腰痛を持っている方は症状が悪化してしまうことがよくあります。

    同じ人間霊でも低級霊と生霊・悪霊などでは症状も危険度もかわってきます。

    霊障からどんな霊に取り憑かれているかチェックすることができます。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

    取り憑かれているのが強い霊なら自分で祓うのは危険

    弱い霊であれば自分で祓う事ができます。

    ここで言う弱い霊とは偶然あなたに憑いてきてしまった霊の事で、あなたへの執着心が弱い霊の事を言います。

    あなたが知らないうちに霊に触れてしまったり、霊と目があってしまったりすると、霊は「この人は助けてくれるのかな」と期待を抱いて憑いててきます。

    あなたが何もしてくれないという事が伝われば霊は自ら離れていきます。

    強い霊と弱い霊の見分け方

    霊感のない人に霊の力を計るのは難しいですが、実際に起きている霊障や霊が憑いたと思われる状況を考えていくとある程度は見分けられます。

    なんとなく憑いてきた霊というのはあなたに危害を加えるつもりはないので、あなた与える影響も小さいものです。

    例えば、体調が悪いわけじゃないのにダルいと感じたり気分が悪くなったりする程度。もし霊があなたの前に姿を現したとしても、それは偶然見えてしまっただけで身の危険を感じる必要はありません。

    問題は霊が攻撃を仕掛けてきたなど明らかに敵意を示してきた時です。

    怪我を負うような事故に遭遇したり、霊の姿が見えた時に怒りの表情をしていたら要注意。

    その時はなにか思い当たる節がないか考えてみてください。

    心霊スポットで墓や石碑にいたずらをしたり、霊を愚弄するような行為をして、霊から恨みを買っている恐れがあります。あるいはその霊がまだ生前の頃から恨まれていた、など。

    少しずつ手がかりを見つけていけば霊感のない人にでもある程度の霊の強さが見えてきます。

    あなたじゃないといけないなら要注意

    ところがあなたに対して恨みや妬みを持っていて、あなたへの執着心が強い霊は簡単には離れません。お祓いをして無理やり離したとしてもすぐにまた戻ってきてしまいます。

    力も非常に強力で素人がどうにかできるものではなく、下手に刺激してしまうと怒りを買って逆効果になってしまう恐れもあります。

    単純にお祓いと言っても誰でもいいから助けてくれそうな人を探している霊あなたへの恨みを晴らそうとしている霊とでは対処法が全く変わってきます。

    最後に

    まず大事なのは自分に取り憑いている霊がどんな霊か見極めることです。

    それが強い霊なのか弱い霊なのか。弱い霊ならセルフ除霊で祓うことが可能です。

    しかしこれでも霊障が治まらないようであれば、やはり専門家に任せる事をお薦めします。

    目に見えない敵と戦うのはとても難しいものです。
  • よろしければこの記事を「参考にする or しない」を教えてください。回答結果は記事の改善に役立てたいと思います。

    参考にする 49 参考にしない 2

  • こちらの記事も読むと、さらに役立ちます

  • シェアお願いします

  • コメント(1件)

  • 1 名無し | 2020/01/03(金) 21:16:53

    報告

    その前に必ず霊能者と住職様と相談して下さい。
    必ずやり方を教えてくれます。
    我々素人のやり方では間違って霊障おきかねませんから。

    ▼返信(0)

    02

  • 同じジャンルのページを見る

    \ 同じジャンルのページを見る /

    自分でやるお祓い・除霊の記事一覧
New

新着コメント