- 都市伝説 -

任天堂Switchの500円クーポンが貰える!

  • ・クーポン配布終了まであとわずか。とりあえず貰っておこう

次回から表示しない

  • 怖い話143話

  • 怖い話

    • リアル千と千尋怖い話

      リアル千と千尋

      評価 評価 評価 評価 評価

      リアル千と千尋 私が小学5年生だった頃、都会から少しはなれた郊外へ引っ越すことになりました。 あれは父親の運転する車で母と私の3人で新しい家に向かっていた途中の出来事です。 なんか見覚

    • 道の駅 ならは怖い話

      道の駅 ならは

      評価 評価 評価 評価 評価

      2021年1月3日 20時過ぎ。車両もまばら 青森からの帰り。 あと、自宅まで140キロ弱。明朝出ればゆっくり着くし、さすがに疲れたので、仮眠することにする。缶ビール1本飲み、トイレへ。なんか、屋根

    • 魂の知らせ(2) 祖母怖い話

      魂の知らせ(2) 祖母

      評価 評価 評価 評価 評価

      今から40年前、自分は16歳でバイクを夜な夜な走らせていました。 ある夜、雨が降る中、街道の真ん中を着物を着た年配っぽい女性の後ろ姿を確認した。 「危ない人だな!」っと思いつつ自分はセンターライン

    • クイック台怖い話

      クイック台

      評価 評価 評価 評価 評価

      俺が中学生の時、友達のAとBと一緒にいつも通り登校していた。Bが、なんか、退屈だなぁとか言い出したので、俺はダイクイ共和国のクイック台に行ったらどうだ?って言ってやった。もちろん、そんなもの、存在しな

    • 変な家紋のボロ家怖い話

      変な家紋のボロ家

      評価 評価 評価 評価 評価

      これは自分のクラスメイトたちから聞いた話です。 自分は2年前引っ越して来たのですが、あるクラスメイトの隣に凄くボロい1階建てで変な家紋が書いてある?一軒家があるそうです。そのクラスメイトの家である時庭

    • 神の川と神の目怖い話

      神の川と神の目

      評価 評価 評価 評価 評価

      むかし、友達から聞いた ダジャレの様な怖い話。 その友達はいつも面白い事を 言う人だったが、 ある日、友達が真面目な顔で 「日本に神の川があるけど、 それは神奈川県の事らしい」

    • こっくりさん怖い話

      こっくりさん

      評価 評価 評価 評価 評価

      ぼくがけいけんした話です 友達とこわいはなしをしてたら ある友達が話したないよう がこっくりさんで 話した瞬間黄色い猫のような きつねのようななどうぶつがいました ある友達が確かめたら顔が

    • わけのわからない魔物怖い話

      わけのわからない魔物

      評価 評価 評価 評価 評価

      某K区には わけのわからない 魔物がいると言う。 しかし、多くの人は 魔物というよりは 偶然という事に なっているらしい。 どんなに災害が起きようと、 事件や事故があろうと、 それは

    • まな板怖い話

      まな板

      評価 評価 評価 評価 評価

      短い怖い話です。 むかし、 ある地方に住んでいた時に 近所に二人の優しそうな感じの夫婦がいた。 夕方になると必ず 強弱をつけながらまな板を トントンと叩く 音が聞こえて来たのです

    • 消えた店主怖い話

      消えた店主

      評価 評価 評価 評価 評価

      私はある中古レコード店で バイトをして辞めた者だ。 この中古レコード界隈は 売れるジャンルや アーティストの波が激しく 需要と供給のバランスが 必要になってくる界隈である。 しか

      名無しさん

      この怖い話は創作話を取り入れた形で 脚色されてありますが、 この怖い話の元ネタは、 1900年頃に存在した、 ロシアのJacob Recordというレコードの様です。 ユーチューブの動画には「1900年頃にロシアのペテルベルクに、レコードを売っていた雑貨商がいたのだが...」というタイトルで載ってます。 その内容によれば、 その雑貨商は何者かに消された様です。 それで理由になるかどうかは分かりませんが、 色々と調べた結果、 とある海外のサイトには雑貨商、 すなわちJacob Recordの創始者が 同業者によるコピーのレコード盤が 売られている事で揉めていたらしく、 その同業者と話し合いをする直前に、 消されてしまったという話になってます。 なお、ユーチューブの動画の内容では 犯人は捕まっておらず、 雑貨商の録音スタジオで録音された盤や すでにテストプレスされたレコード盤が 何者かにより持ち去られたらしいです。 しかしその後、文字が判読できない ロシアのレコードとして世界各地で 目撃衝撃が相次いでいるらしいです。 ここ日本でも銭形平次の作品で お馴染みであり、クラシック音楽を中心に 評論家として名を残した「あらえびす」こと 小説家の野村胡堂氏も 実際に大正時代の関東大震災直前に 文字の判読できないロシアのレコードを 目撃している様でこの小説家が書いた 何かの本に書いてあるみたいです。 (本のタイトルが分からないので未確認です。) ちなみに、この物語にある天災とは たぶん、大正時代の関東大震災を 意味している物と思われます。 また、店主が消えたのに 女性がいまでも助かっているのは 想像ですがレコードを何らかの形で 手に入れた いわゆる亡くなった家族の整理などで、 この女性にはレコードの価値が分からないので、 とりあえず買取りに出したというわけです。 しかし、この女性のその後が描かれていないのも シリアスなある意味、 怖い話ではないでしょうか?。
Check

懐中電灯の売れ筋