九州地方の心霊スポットまとめ:6ページ目

スポンサードリンク

  • 検索条件

    並び替え

  • 別大国道(手招き地蔵)

    〒870-0100 大分県大分市神崎 小倉街道

    土砂崩れによる電車事故で多くの命が失われた場所です。 それからなのかは定かではないのですが、不可思議な交通事故が起きる場所としても有名になりました。 緩いカーブで本来は注意して通る道ではないのに、何故か追突事故や車線を越えての事故が頻発しています。 失われた命を鎮めるために置かれたお地蔵様は手が垂れ下がっている事から「手招き地蔵」とも呼ばれています。 しかし、本来は手を上に向けてい...

    英彦山

    福岡県田川郡添田町 国道500号線

    心霊スポットというよりは修験者が修行する霊山。 天狗の伝説でも有名な場所です。 英彦山は古代より神体山として信仰の対象でした。 英彦山の開基についての伝承です。 継体天皇25年(531年)、北魏の僧・善正が英彦山山中で修行中に、猟師の藤原恒雄に会い殺生の罪を説いた。 しかし聞き入れない恒雄が1頭の白鹿を射たところ、3羽の鷹が出現して白鹿に檜の葉に浸した水を与えると白鹿は生き...

    牛頸ダム

    〒816-0971 福岡県大野城市牛頸(大字)481

    名前からして恐ろしい牛頸(うしくび)ダム。 もちろん心霊スポットと言われる由縁の逸話も揃っている。 ・ダムの事務所付近で男児が亡くなった ・事故か自殺かは不明だが、ダム付近で死人が出た ・ダムから死体があがった ・足を踏み入れてはいけない場所がある 真偽の程は不明だがこれだけの噂が囁かれている。 心霊スポットとしてはマイナーだが、立ち入り禁止と思われる怪しい場所にだけは絶...

    ザビエル公園

    〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町 二官橋通り

    あの有名なフランシスコ・ザビエルが渡日した事を記念して建てた公園。 太平洋戦争で消失した協会に置かれていた記念碑とザビエルの胸像が立つ。 霊の噂としては血だらけの女性が現れると言うものがある。 何故そこにその女性の霊が現れるのか、なにか事件があったのか、その理由はまだ明らかになっていない。 また夜には女性が徘徊していると目撃されているが、上記の霊と同一人物なのか、それとも生きている...

    田原坂

    〒861-0163 熊本県熊本市北区植木町豊岡1667

    ここは昔、西南戦争の激戦地だった。 その事から多数の死者が眠っている事が伺える。 それを証明するかのように、心霊現象の目撃が度々報告される。 車でスーっと通り抜ける分には何も起こらないかもしれないが、 停車して車を降りてしまうとまるで違う世界に足を踏み入れたかのような錯覚 を起こしてしまう。 それほど不気味な雰囲気を持っている場所なのだ。...

    阿蘇大橋(赤橋)

    熊本県阿蘇郡南阿蘇村 国道325号線

    自殺の名所となっている熊本県の橋。 もともとは真っ赤に塗られていたため赤橋と呼ばれていました。 飛び降りる瞬間を目撃する人も多かったようです。 あまりに自殺者が後を絶たないため自殺防止用のフェンスが設置されています。 橋の中央に貼られているお札が、自殺者の霊魂がいまだ辺りを彷徨っている事を物語っています。 橋の近くには自殺志願を引き留める目的で「まてまて地蔵」という名前の地蔵尊が設置...

    富岡吉利支丹供養碑(千人塚)

    〒863-2507 熊本県天草郡苓北町富岡3645

    かの有名な天草・島原の乱、そこで死した1万余りのキリシタン一揆軍の首が眠る三つの首塚のうちの一つ。 そのため何人もの霊が現れるという噂を筆頭に、展望台には女性の霊、どこからともなくうめき声が聞こえるなど様々な怪奇現象が起きます。 ...

    七ツ釜

    〒847-0135 佐賀県唐津市屋形石3618−143

    佐賀の観光地、と同時に自殺名所でもあります。 崖のようになっており、身を投じる人が後を断ちません。 女性が飛び降りたとの目撃があり、次の日に捜索を行ったのですが遺体は見つからなかったという不思議な出来事が起こります。 もしかしたらそれは死にたいという思いだけが強く残り、夜な夜な自ら身を投じる霊の仕業なのかもしれません。...

    久峰隧道(コツコツトンネル)

    〒880-0211 宮崎県宮崎市佐土原町下田島21085

    ・トンネルの中で車のクラクションを3回鳴らすと女性の幽霊が出る・コツコツ歩く音が近づいて来る ・車の窓が手形だらけで洗っても落ちない そんな噂がある事からコツコツトンネルと呼ばれるようになりました。 近くを通る時は是非是非試してみてください。...

    西海橋

    長崎県佐世保市針尾東町国道202号線

    この橋の下は潮の流れの合流から大渦を巻いており、飛び込んだら最後、遺体となり人の目に晒される事もなくなるだろう。 昭和40年代から50年代にかけて長崎県屈指の自殺の名所として名を広める。 さらにそれよりもっと昔、貧しさから子を育てきれない夫婦がこの橋から投じる事も多くあった。 そのため、今では自殺防止柵が設置され自殺者は激減しているにも関わらず、濡れた女の霊や親子連れの霊が現れる、赤...

    犬鳴峠

    福岡県宮若市脇田県道21号線

    有名な都市伝説となっている犬鳴村が近くにある事から、この犬鳴峠の名前もどこかで耳にした事をある人が多数だろう。 ・付近には朝鮮人村があり近づく日本人は殺された ・『この先、日本国憲法通じません』と書かれた看板がある などは有名な伝説として残っており、九州で最も危険なスポットとして知られるのも納得である。 辺りには人の気配もなく、携帯も圏外となるため、あらゆる危険性を考慮した上で...